法燈相承 第七世住職 臼井祐真から第八世住職 臼井真山へ

2017年12月5日

11月22日 真照院住職退任・晋山式が厳修されました

進列 入堂
チン(引金)、ドン(鐃)、シャン(はち)と進列です
IMG_84861

前住職 退山奉告文
たくさんの方が見守る中 前住職は 住職としての最後の務めを終えました
IMG_85131

辞令親授
伝達者である真言宗御室派香川支所千光寺住職 松村賢澄僧正様から新住職は辞令を受け取りました
IMG_85241

法燈相承
前住職から真照院の法燈 五鉆杵が新住職に手渡されました
IMG_85331

前住職は衣を替え、新住職は衲衣を整え登礼盤しました
IMG_85481

晋山奉告文
IMG_85581

新住職 臼井真山の挨拶
IMG_858721

「東京で生まれ、東京で育った私です
実は、中学校の修学旅行で仁和寺に行きました
その時に 仁和寺のご本尊様である阿弥陀如来様に好かれたのかもしれません
そして、真照院のご本尊様の千手観音様にもとても好かれたのだと思います
縁有り、真照院の法燈を継ぐ決意をしました」

 

新住職の強い覚悟と決意が感じられる挨拶に胸うたれました
と同時に 新住職の進む道の厳しさに思わず手を合わせました

 

ありがとうございました
新しく若い風が吹きました真照院を今まで以上に宜しくお願い申し上げます


ご詠歌 ふたじま祭り

2017年11月5日

金剛流ご詠歌秋穂支部の皆様です
元気に楽しく詠歌道に精進している皆様です

映像とともに ご紹介します

 

光明

父母感恩和讃

 

大日如来様のおいでになる西からの光をいっぱい浴びての奉詠になりました

最後の奉詠曲は 相互供養和讃
金剛流合唱団のテープとともに二部合唱で奉詠しました

 

同日、午前中は 「あいおまつり」でも奉詠させていただきました

法境の里 秋穂の地の「ふたつの地区のお祭り」にご詠歌が響きました

日本で最初の四国八十八ヶ所の写し霊場である秋穂八十八ヶ所

この地に住まいし
ご詠歌道に精進できますことに幸せを感謝する一日でした


第144回 ちょっと歩こう八十八ヶ所

2017年10月21日

毎月21日におこなわれている「ちょっと歩こう八十八ヶ所
144回 12年巡拝の旅は続いています

omairi11  omairi311omairi21

たくさんの方との出会いがありました

お別れもありました

来月11月は 住職の交替の式である「晋山式」があります

奇しくも 「ちょっと歩こう八十八ヶ所」「ちょっと学ぼう仏教」も11月がスタートでした
先代住職には こころから ありがとうございました と感謝を述べたいと思います

お支えくださっています皆様にも こころから 感謝お礼申し上げます

ありがとうございます

 


第132回 ちょっと学ぼう仏教

2017年10月10日

毎月第2火曜日におこなわれている「仏教講座」です
132回 休むことなく 11年続いています

bukkyou2 (2)1

先代住職  最近では、「ご詠歌から学ぶ仏教」が加わりました

学んでも学んでも
学ぶことの尽きることのない 深い仏様のおこころ、教えです

住職  今月の言葉 「冥加(みょうが)」
眼に見えない神仏のご加護を知らず知らずのうちに受けること

bukkyou2 (1)11

冥加の言葉の由来となったお釈迦様の弟子の須梨槃特の話
彼のお墓のまわりに生えたミョウガが 悟りのシンボルになったという
興味深い話でした

私たちの日々の暮らしも「冥加」に包まれています


秋彼岸 9月20日~27日

2017年9月26日

お彼岸を迎えると 必ず咲く彼岸花
どうやってお彼岸がくるのがわかるのか、毎年不思議に思います

皆様のご本尊様やご先祖様にご恩を感謝する気持ちを察しているかのように 境内のあちこちに彼岸花が咲いています

1_higannbanaaka1

 

本堂や位牌堂には、ご本尊様やご先祖様に、手作りのおはぎをお供えします

2_honzon13_ihaidan1

 

真照院では、彼岸の入りの日に早朝から皆様が集まって、おはぎを手作りお供えしてくださいます

4_ohagiosonae1 5_ohagi1

 

ここ真照院の御台所にも、大日如来様がいらっしゃる密厳浄土の世界が広がっているように思いました

お手伝いに来てくださる方々のお一人お一人の中に仏様がおいでです

彼岸の中日には、大日如来様がいらしゃる光厳浄土があるといわれている真西に、太陽が沈んでいきます

密厳浄土は、遠くて遠くて とても行くことは叶いませんが、日々の暮らしの中に浄土の世界はあるのだと改めて感じ、感謝した今年の秋彼岸でした

 

ありがとうございました


お盆

2017年8月23日

ご先祖様が 彼岸の世界での修行をお休みされ、こちらの世界でご家族とすごされます
真照院では 境内に1500の燈明を灯してお迎えします

本堂

36071 0175 (1)1 0183 (2)1

 

盆供養

ご先祖様をお迎えした本堂では、各家の先祖供養と家内安全を祈願します

0175 (2)1

 

朝日山霊明殿 (位牌堂)

ご本尊様

0041

各家の位牌壇には 落雁がお供えされています
お参りされた後 持ち帰られます

0051

01651

ご先祖様と共にすごせたお盆 ありがとうございました


千燈夜

2017年8月13日

お盆の迎え火 千燈夜
山内では、ご先祖様を1500本の燈明でお迎えします

0381

 

本堂でのお盆供養
各家のご先祖様の供養と家内安全を祈願します

0401

 

燈明に照らされた山内
本堂へと続く参道 ご先祖様もお通りでしょうか

36131 (1)

36131 (2)

静かな時が流れます

0481

36451 (1)

 

子供達に大人気のアンパンマンもお迎えです

36571 (2)

 

たくさんの方がお参りくださいました

36451 (2)

 

ご先祖様とともに過ごすお盆
やさしい燈明の灯りに包まれて 今年も迎えられました

 

0491

 

ご尽力くださいました皆様 ありがとうございました


蓮の花のお供え 本堂

2017年7月26日

たくさんの蓮の花に彩られた本堂です

0341

0291

0281edit

0321

0362

 

朝6時に 吉松千恵子様が届けてくださいました
お寺のお供えにと丹精込めて 蓮の花を育ててくださっています
感謝、感謝です

蓮の花の命は短く、 散華のように花びらは散っていきます

花びらは散っても、実が残り、
散った花びら一枚一枚にも、命が宿っているように、しばらく輝いています

生けたばかりの時には、こんなに力満ちている葉も、
どんなに手をかけ、水を送り込んでも、 枯れてしまいます

お盆を迎え、亡くなった方々に思いを馳せるからでしょうか
蓮の花の短い命とその有り様が、 人の人生と重なってしまいます

蓮の花に満ちた本堂に、お参りくださいまして ありがとうございました


蓮の花 朝日山霊明殿

2017年7月26日

吉松千恵子様の蓮田

朝6時には、たくさんのお花、葉をお寺に届けてくださいます
いつも手を合わせながら、有難くいただいています
言葉に言い尽くせぬほどの感謝の気持ちです

御本尊様もご先祖様も お供えくださる蓮に心癒されておいでだと思います

0011

 

朝日山霊明殿(位牌堂)

位牌堂入り口

0061

 

位牌堂

0161

0131edit

 

ホール

0211

0231edit

 

お参りされる方々も、最初は造花かと思われたほどの見事な蓮の花です

ありがとうございます

今回は、蓮の花のご紹介だけに終わってしまいましたが、
たくさんのお花を皆様から頂戴しております
改めまして お礼申し上げます


開山忌 施餓鬼法要 朝日山霊明殿

2017年7月15日

ご本尊様、各家の位牌壇に皆様の手によるお供えがされます
本堂での施餓鬼供養に加え ご先祖様への”尊い供養”が霊明殿でもされています

0011

皆様が畑で作られたお野菜が料理され 霊供膳にならびます

0061

ホールでは、皆様が生けられたお花が彩りを添え、
お接待を召し上がれに来られる参拝の方々をお待ちしています

お接待をいただきながらの談笑の中に
ご先祖様もひょっこり参加されいる思いがしました

0021

見事な蓮の花です 朝6時に届きました
霊明殿がお浄土の世界に導かれているようです

0031

0041

0081

0071

 

たくさんの皆様の心からのお力をいただいて、今年の開山忌 施餓鬼法要も終えることができました

ありがとうございました