御詠歌とともに  第44回 中国ブロック奉詠舞 山陽大会  令和元年11月6日・7日

2019年11月28日

倉敷市でおこなわれた中国ブロック奉詠舞山陽大会に参加しました。

 

奉詠 三宝和讃

IMG_227211
”篤く三宝を敬え、三宝とは仏・法・僧これなり”

推古三年(六〇四年)聖徳太子の定められた一七条憲法の第二条の条文です。

『仏』とは仏さまの命の尊さを、

『法』とは仏さまの説かれた教えの尊さを、

『僧』とは仏さまの説かれた教えを、社会の中で身を以て実践されている人々の尊さ

を意味しています。

この三宝和讃には、聖徳太子の定められて条文の言葉に重ねながら、
お大師様の、全てを包み込む優しさとおおらかさに満ちた教えが込められています。

仏さまの教えに出会い、御詠歌に出会い、そして大会に出られましたことを感謝し、心をひとつに、お唱えしました。

 

賞状授与 審査結果発表

DSC_00352

相互供養和讃 御詠歌教師団体の部 第一位

IMG_0001_BURST001201911071226431

遍照尊 御詠歌教導団体の部 第四位

1573103349574111

名前が読み上げられた時には、茫然としてしまいました。
思いもかけない大きなプレゼントでした。

原田淨覚先生のご指導の賜物でもあり、皆様一人一人の精進の賜物でした。

そして、大会には出られなかった、いつも一緒に研鑽を積んでいる皆様とともに
頂いた賞だと思っています。

ありがとうございました。

深いご縁によって結ばれた秋穂支部の皆様とともに、これからも御詠歌の道を歩んでまいります。


御詠歌とともに

2019年11月27日

御詠歌の起源は「巡礼歌」にあるといわれています。
仏教の教えを和歌や韻文に日本古来の音楽の節を付けてお唱えします。

金剛流御詠歌秋穂支部では、原田淨覚先生のご指導のもと、月2回精進を重ねています。

ふたじま祭り(10月27日)、あいお祭り(11月3日)で奉詠させていただきました。

IMG_227011

秋穂八十八ヶ所霊場のある秋穂。

どこのお宅にも 「おばあちゃんが使っていたのよ。」と鈴鉦(御詠歌をお唱えするときにつかう法具)がある土地柄です。

秋穂八十八ヶ所の御詠歌
有難たや 秋穂の里の 津々浦に 大師はいまだ おわしますなる

日々の暮らしの中に 御詠歌があることを幸せに感じています。
仏教の教えが、お大師様のお導きが、優しく心に沁みこんできます。

仏教に出会えてよかった、御詠歌に出会えてよかったとの思いが伝わる皆様のお唱えでした。


秋彼岸  9月20日~26日

2019年10月2日

お彼岸がくると必ず花咲く彼岸花。

仏教の経典に「天上の花」「赤い花」として記されています。
めでたいこととして付けられた呼び名が曼殊沙華

人々の悲しみを受け止め、その悲しみを乗り越える力を与える彼岸花です。

HORIZON_0001_BURST20190926165619973_COVER1

位牌・納骨堂である霊明殿に、皆様の手作りのおはぎをお供えしました。
DSC_0014211

お彼岸の期間、たくさんの方がお参りになられ、おはぎをお持ち帰りになられました。
ご先祖様を敬うお気持ちに満ちていました。

HORIZON_0001_BURST20190921081555258_COVER1 DSC_001511 HORIZON_0001_BURST20190920152103562_COVER1

彼岸花に魅せられながらも、秋のお彼岸は、何かもの悲しい、寂しい気持ちもします。

花が咲いているときに葉はなく、葉は、花が咲き終わったあと地面から直接生えてくる、なんとも不思議な彼岸花。

来年のお彼岸には、必ず約束を果たすかのように、花咲かせてくれます。

DSC_0020 HORIZON_0001_BURST20190930144030017_COVER

10月は、ドングリの季節。
ドングリでいっぱいのお山に、近くの幼稚園、小学校、中学校の生徒たちが来てくれます。
子供達の声が響くお山、賑やかですよ。


お盆 8月13日~16日

2019年8月19日

本堂

ほおずきと施餓鬼幡でお盆を祀りました。

DSC_00171

本堂からの眺め
静かにご先祖様をお迎えしている秋穂の景色が広がっていました。

DSC_00181

 

霊明殿

各家の位牌壇に盆菓子がお供えされました。

DSC_00131 HORIZON_0001_BURST20190813074015794_COVER1 HORIZON_0002_BURST201908130742325681 DSC_001611 HORIZON_0001_BURST20190813074127354_COVER1 DSC_00141

たくさんのお供え物を頂戴いたしました。。
ご本尊様の御前にお供えさせていただきました。

13日早朝には 蓮の花も届けてくださいました。

たくさんの方にお参りいただきました。

 

惣在所地区のお墓は 真照院の山内にあります。
写真ですが お参りください。

IMG_0003_BURST00120190817102212
「今年のお盆も無事すごすことができまして ありがとうございました。」
と、お寺に皆様がお礼にお参りくださいます。

「今年のお盆も無事すごすことができまして ありがとうございました。」
と、皆様にお寺からも感謝お礼申し上げます。

 


千燈夜

2019年8月13日

お盆の迎え火である千燈夜。今年で15回を迎えました。

 

お家で、皆様が集われるように、
真照院でも、ご縁のある方々が集われ、ご一緒にお盆のひとときをすごされました。

IMG_77581 IMG_77541 IMG_77361 IMG_77281 IMG_76951

お接待

かき氷、冷たい飲み物、ポンポン菓子、ヨーヨー、光るおもちゃ、スーパーボール。
大人も子供達も楽しみ一杯でした。

おじいちゃん、おばあちゃんに連れられて、お盆に帰省された方々が、子供連れでたくさんお参りにみえました。

子供達の心に故郷の良き夏の思い出として刻まれれば、 汗いっぱい流して準備したじいじ達も大満足で嬉しいです。

IMG_77051 IMG_77161

トランペットの吹奏で、今年の千燈夜も幕を閉じました。
遠く、遠く、どこまでも響いていく心癒される音色でした。

盆供養
皆様が 燈明に囲まれて、楽しいひとときを過ごされている間、本堂では盆供養がおこなわれていました。
檀家の皆様のお名前をお一人お一人読み上げ、ご供養と家内安全の祈願をいたしました。

IMG_77381 IMG_77471

千燈夜の準備委員の方々、ボランティアスタッフの方々、皆様のご尽力があってこそ、迎えられる千燈夜です。

いつもはあちらの世界におられるご縁のある方、ご先祖様も、やさしい燈明に魅せられ、お家に帰られる前にお寺にお寄りになられたと思います。

皆様、ありがとうございました。

(写真提供 岡田弘昭様)

 


開山忌 

2019年7月23日

開山された観賢和尚、そして 真照院の歴代の住職の供養をする開山忌法要。
合わせて、各家の先祖供養にあたる施餓鬼法要も厳修されました。

 

法話   四国第42番札所佛木寺ご住職 松本明慧僧正

 

長身でハンサムなご住職に皆様まずうっとり。ご縁にまつわるご法話をいただきました。
佛木寺にお参りされた方も多く、皆様新しいご縁を、有難く 喜んでおられました。

IMG_194011 IMG_193211

ありがとうございました。

 

開山忌 施餓鬼供養

 

粛々と法要はすすみました。

IMG_19441 IMG_19471

IMG_19701

IMG_191911

 

位牌納骨堂 霊明殿

DSC_142411

各家の位牌壇には、皆様の手作りの精進お霊供膳がお供えされていました

DSC_142511

ご縁のある亡くなられた方やご先祖様を偲ぶお気持ち、そしてお寺を思う皆様のお気持ちに支えられて 今年の開山忌法要も執り行うことができました。

 

たくさんのお花、果物、お野菜をお届けくださいました。
お花、果物はお供に、お野菜は 霊供膳、お斎の材料に使わせていただきました。

 

女性の方々には、花生け、料理、霊供膳のお供、お斎の接待、最後のかたずけと連日駆けつけ、ご奉仕くださいました。
総代様始め男性方には、受付、塔婆書きとご奉仕いただきました。

 

そして、たくさんの皆様に お参りいただきました。

 

言葉に尽くせぬ感謝の思いです。
お礼申し上げます。
ありがとうございました。

 

お盆も真近です。
あちらの世界からの里帰り、心待ちにされていると思います。

 


開山忌 ~蓮の花~

2019年7月23日

み仏と蓮華は非常に深いご縁があります。
如来様も菩薩様も、みな蓮華の台上にお立ちになり又はお座りになられて
私共に救いの御手をさし延べて下さっています。

真照院の開山忌当日も 蓮華の慈愛に満ちていました。

IMG_1905111

IMG_191011

IMG_190911

IMG_191411

 

蓮華の功徳

「汚泥不汚の徳」
蓮の花は、泥中にあっても、まったくその汚れに染まらず美しい清らかな花を咲かせます。

「種子不失の徳」
そして、ほとんどの植物の種は、時がたてば、力を失い、発芽することはありませんが、
蓮の種だけは、千年,二千年を経ても、立派な芽を出し美しい花を咲かせます。

「花果同時の徳」
普通の植物は花が咲いて交配されて、次に実を結びますが、蓮の花だけは花が咲いた時は既に実もできています。花と実と同時にできるわけです。

(参考文献 金剛流詠歌和讃の解説)

 

毎年開山忌には、 吉松千恵子様が丹精こめた蓮の花を早朝6時に届けてくださいます。
5時前から、泥の田にはいり、大切に育てられた蓮の花を切り取って届けてくださいます。

暁早くほのぼのと 東の空は白みゆき
紅蓮の蕾ふくよかに 仏の慈悲をたとうらし
    ご詠歌 蓮華の功徳2番

ありがとうございました。

 


紫陽花

2019年6月23日

紫陽花の季節になりました。

山内のあちこちに咲いている紫陽花  みんな違って みんな素敵です。

 

190624-01

190624_02 190624_03 190624_04 190624_05 190624_06 190624_07 190624_08 190624_09 190624_10

 

今年は たくさんの源氏ホタルが 目を楽しませてくれました。
漆黒の闇の中で光るホタルは、とても幻想的でした。

お山も 同じ季節でありながら 毎年違う姿を見せます。
自然の力は 素晴らしいです。

 


水無月 ~法境の里~

2019年6月23日

弘法大師様(空海)がお生まれになった水無月、
6月15日、現在の香川県善通寺でお生まれになりました。

修行中の青年時代、高知県室戸岬でのお言葉
「上を見れば青い、下を見れば青い

 
空海という名は、そのお言葉からだと伝えられています。

法境の里 秋穂の水無月の景色

上を見れば、青い空 お月様も姿をお残しです。

190624_12

下を見れば、田植えも終わった田園風景の向こうに、穏やかな青い海が広がっています。

190624_11

南無大師遍照金剛

 

暑くなります。

お身体を大切に お過ごしくださいますよう お祈り申し上げています。

 


土砂加持法要 3月23日

2019年4月1日

春のお彼岸のさ中 土砂加持法要が厳粛に執り行われました

 

住職の法話

人が亡くなり 三途の川を渡るまでのお話でした
皆様 熱心に聞き入っておられました

IMG_152511

 

ご詠歌奉詠

朝日山真照院のご詠歌  遍照尊 光明真言和讃

 

月2回の練習に励んでいる皆様です

響く鈴鉦の音と共に皆様のお声の中に御詠歌曼荼羅の仏様がいらっしゃいます

IMG_153711

 

土砂加持法要

IMG_15431 IMG_15911


読経が心に染み入り 皆様の手を合わす心と一つになりました

お帰りには 加持した土砂をお持ち帰りになりました
その土砂のお力でご自身のまわりに功徳を施されます

 

朝日山霊明殿

各家の位牌壇には 霊供膳がお供えされました

0071

お接待

お参りの方に用意されたちらし寿司です

DSC_12861

たくさんの供養の申し込みをしていただきましたこと感謝お礼申し上げます
多くの方々に支えられての法要です
いつも皆様に言葉にできないほどの感謝の気持ちで法要を終えております

 

法要に際しまして たくさんのお野菜、お花を頂戴いたしました
そして そのお花を生けてくださり、お料理してくださり、お供えしてくださいました

 

朝日山真照院のご詠歌
真を照らす 集う民 心地良いかな 先祖の泉

 

ご詠歌に唱えられているように お寺に集う皆様のお心に いつも仏様がおいでです
湧き上がる先祖の泉を皆様とご一緒にこれからもお守りしていきます

宜しくお願い申し上げます
ありがとうございました