田植えが始まりました

2016年6月28日

雨に恵まれ紫陽花がきれいなこの時期 秋穂の里は 田植えが始まります。

IMG_09001

IMG_08981

山内には紫陽花がきれいに咲いています。

IMG_08931

IMG_09011

IMG_08901

IMG_08881

ゆっくり山内をご散策ください。
紫陽花の小道をたどっていけば本堂です。

本堂からは いっぱいに水の張られた田んぼが眼下に広がります。
日本の原風景が ここ秋穂の里にあります。


お手伝い 梅干し漬け

2016年6月28日

梅を漬ける季節になりました。
今年は チビちゃんたちに手伝ってもらって梅を漬けました。

IMG_08481

IMG_08412

 

チビちゃんたちが大好きな梅ジュースも作りました。

 

IMG_09051

 

孫たちとの楽しいひとときです。
我が家には ほんの少しだけ残して大事に持って帰りました。


春の草刈り

2016年5月22日

真照院では、春と秋 年に2回 近くにお住まいの檀家の皆様が
草刈りのご奉仕をしてくださいます。

IMG_08151

IMG_08171

IMG_08231

山内に草刈り機の音が響き、あっという間にきれいになりました。
お寺が気持ちばかり用意しましたパンとジュースを持って皆様お帰りです。

IMG_08261

外トイレのお掃除に来てくださる方、お花を活けてくださる方、
おうちに咲いているお花を届けてくださる方、草取りしてくださる方、
山内の散歩道を整備してくださる方、景観を考えながら植樹してくださる方、
まだまだ言葉に尽くせぬほどの心のこもったお布施を皆様からいただいております。

誰よりもご先祖様がお喜びの気がします。

ご先祖様を大事に思い、お寺を大事に思ってくださる真照院の皆様です。


お大師参り

2016年5月11日

弘法大師の命日にあたる4月26日(火)27日(水)(旧暦3月20日、21日)に秋穂霊場八十八ヶ所の「お大師参り」がおこなわれました。

この日には、お参りに来られた方々に対し、各札所において地元の方による
心のこもったお接待があります。

真照院には、4つのお札所があります。
(残念ながら、お接待に忙しく、人波が途切れた時の写真しかとれませんでした)

 

第58番札所 本堂 ご本尊 千手観音
IMG_08071

第69番札所 奥の院 ご本尊 聖観音
IMG_08001

第54番札所 大師堂 ご本尊 不動明王
第64番札所 大師堂 ご本尊 阿弥陀如来
IMG_07991

近所の小学生たちも先生方に引率されてお参りに来てくれました。

おうちの方や先生方がご指導なさったのでしょう。
お接待に「ありがとうございました」という言葉と感謝の気持ちのお賽銭を置いていく姿に、大事な文化の継承を感じました。

IMG_07972

秋穂八十八ヶ所は、天明三年(1783)に遍明院第八世性海法印が弟子とともに四国八十八ヶ所を巡り、各霊場から御符と土砂を受けて帰郷し、札所を定めたのが始まりとされています。
日本で一番古い八十八ヶ所です。

それから230年以上、今日まで地元の人々の手により、大事にお祀りされてきました。

法境の里 秋穂  日常の暮らしの中にいつもお大師様がおいでです。

 

 


別格本山鎮国寺参拝

2016年4月28日

鎮国寺で年に一度行われる柴灯護摩供に合わせて
4月28日 檀信徒43名でお参りしました。

この日は、弘法大師が渡唐時海難に遭われた際、お救い下さったという
身代わり波切り不動明王立像の年に一度の御開扉法要も奉修されました

IMG_48661
柴灯護摩供

 

山中の結界した敷地に柴や薪で壇を築くので柴灯護摩と呼ばれます。
心願成就、無病息災を祈り火渡り荒行も行われ、私たちも火渡りをさせていただきました。

 

IMG_49261

IMG_50081

 

本堂前で 般若心経をみんなでお唱えし、今日の日を感謝しました。

 

IMG_50441

 

帰り道、鎮国寺に縁の深い宗像大社にお参りしました。

 

IMG_51021

 

鎮国寺は、真言宗御室派総本山 仁和寺の御門跡立部祐道猊下のお寺です。
あたたかいお心遣い、お接待もいただきました。

帰りのバスの中の皆様のお顔、明るく笑顔いっぱいでした。

ありがとうございました。


桜満開 お花見

2016年4月3日

満開の桜の下、竹林ボランティアの方々のお花見が開かれました

お弁当に、手つくり簡易ピザ窯で焼かれたピザ、最高のお花見でした

IMG_07051

ちびっこちゃんたちもピザ作りに参加です。

IMG_07181

IMG_07131

みんな焼き上がりが待てず、並んでいます。

ドラム缶で作られた簡易ピザ窯、わかりますか?
写真右端に写っています おいしく、おいしく焼きあがりました

IMG_07111

満開の桜の下
花に酔い、集える幸せに酔い
次の世代につなぐ責任の重さを感じながらも、つなげていける幸せに酔い、
「乾杯」の声も力強いものでした。

じいちゃまたちが、ほろ酔い気分の頃、
ちびっこちゃんたちは、手水鉢のお掃除の奉仕にたけのこ堀りです。

IMG_07081

IMG_07281

IMG_07312

大収穫です。

大人も子供も楽しい、楽しいお花見でした。

 

 

 


土砂加持法会 霊明殿

2016年3月27日

春のお花が、玄関で皆様をお迎えしています。

IMG_06981

IMG_07011

 

各家の位牌壇には霊供膳がお供えされました。

IMG_06111

IMG_06141

IMG_06121

 

ホールでは、お接待が用意されています。

IMG_06193

 

前日から来てくださっている皆様の姿をご紹介します。

IMG_06071

IMG_06091

IMG_06951

 

何千個とあるお霊供膳の食器の片付け風景です。
敷布にはアイロンかけもしてくださいます。

ご先祖様の「ありがとう ごくろうさま」とおっしゃる声が聞こえてきます。

できるようでできないことを、さりげなくしてくださる素晴らしい真照院の皆様です。

ご先祖様以上に真照院にくらしております私共がお礼申し上げます。
行事がある度に 駆けつけ支えてくださる皆様ありがとうございます。

 


土砂加持

2016年3月27日

土砂加地法会が 秋穂結集寺院12ヶ寺参衆のもと執り行われました。

土砂加地とは、密教の修法の一つで光明真言によって土砂を加地します。

その加地された土砂を、お墓などに散じると、その功徳により
地獄、餓鬼、畜生、阿修羅の世界に苦しんでいる亡者も、
救われて極楽浄土にいけると説かれています。

鎌倉時代初期に明恵(みょうえ)上人が広く普及され現在にまで至っています。

真照院では、土砂加地法会にあわせ、先祖供養もおこなっています。

IMG_06331

IMG_06621

IMG_06371

IMG_06911

法会の後、加持した土砂が配られました。

 

 


春彼岸 3月17日~3月23日

2016年3月23日

春のお彼岸には菜の花が似合いますね。

IMG_05852

彼岸桜も満開です。

IMG_14651

 

 

朝日山霊明殿

各家の位牌壇には 手作りの牡丹餅がお供えされています。

IMG_05921

IMG_05951

IMG_05981

 

豪華な椿の盆栽です。

IMG_06021

お花好きの方々が素敵にお花を活けてくださっています。
仏様もお花大好きだとか。

IMG_05991

春彼岸の入りの3月17日の霊明殿のお台所風景です。
みんなでワイワイ500個余りの牡丹餅作りました。

IMG_05911

 

お彼岸にこちらにお戻りになるご先祖様も
お花を楽しまれ
にこにこ顔で牡丹餅召し上がられていることでしょう。

感謝、感謝の気持ちで今年の春彼岸もすごしています。

 


地域と共に

2016年3月21日

春のお彼岸でもあったこの連休 たくさんのお参りでお山も賑やかでした。

 

お寺に本格的なピザ窯作りが始まりました。
お寺に「ピザ!!?」 びっくりですね。

窯で焼いたピザで、ビールで乾杯、楽しみです。

IMG_06062

今日21日は「ちょっと歩こう秋穂八十八ヶ所」の日でもありました。

 

お彼岸をひかえ、先週の日曜日には、お墓の清掃がされました。
生い茂っていた木々が切られ、お墓に日がさんさんと照っています。
IMG_05761

 

同日、本堂横の書院では、精進料理の会が催されました。

外の景色もお料理の一品です。

IMG_05841

 

今月もやさしいお味の精進料理でした。

IMG_14671

毎日、毎日たくさんの方が集う真照院。
明日は、どんな一日になるのでしょうか?
おいでませ。