お大師まいり 4月12日、13日

2020年4月21日

~新型コロナウィルス感染症の感染拡大の早期終息への祈りをこめて~

旧暦3月20日、21日におこなわれる秋穂八十八ヶ所霊場お大師参り

秋穂八十八ヶ所霊場 第58番札所 真照院本堂

IMG_25781

池坊の3人の先生方による献華奉納

仏様が宿った花材で、仏様にお供えされた、心からの祈りが込められた献華でした。

菊以外の花材は、朝日山で採取され、前住職も、ご一緒いたしました。

その圧倒される力強さに心震え、思わず手を合わせました。

DSC_02011

池坊の先生方、素晴らしい献花奉納 ありがとうございました。

来年のお大師まいりは、昨年のようにまた賑やかに迎えられますように祈っております。

昨年は、ふたじまようちえんのこどもたちが、お花を飾ってくれました。

IMG_167811

200421-flowers

IMG_169611

こんな楽しい声が響く いつもの日常が 早く戻ってきますように願っております。

昨年 HPにのせることを幼稚園に許可いただきながら、一年遅れのご紹介になりました。
失礼をお詫びいたしますとともに、
今日、明るい子供達の姿を皆様にお届けできますことを有難く嬉しく思っております。

 


春彼岸 菜の花に囲まれて  3月17日~23日

2020年3月30日

菜の花いちめんの春彼岸でした。

春を迎えた暖かい日差しのなか、たくさんのお参りをいただき、ありがとうございました。

IMG_257611 IMG_25801111 IMG_258911 IMG_261811 IMG_2594111

あちらの世界「彼岸」とこちらの世界「此岸」が、一番近くなる彼岸の一週間。

お墓参りをしながら、
亡くなった人たちを身近に感じ、改めて今ある自分とむかい合う、とても大切な一週間でした。

 


土砂加持法要

2020年3月23日

粛々と土砂加持法要が執り行われました。

一日も早く、いつもの日常が戻りますように、
子供達も大人も、行きたいところに、いつでも行けるようになりますように、

願いをこめた土砂加持法要となりました。

IMG_262011 DSC_00891 IMG_263511
学校に行けますように、お寺に集えますように、
真照院檀信徒代表2名も祈りをこめ、手を合わせました。

外には、青空が広がり、つくしも春の訪れを告げておりました。

IMG_26021 IMG_26141

山内には、桜も咲いており、遠く国東半島由布岳が見える日もあります。

IMG_257311

お参りをお待ち申し上げております。


節分・豆まき

2020年2月3日

星祭りの御祈願がすみましたら、お楽しみの節分・豆まき。

福鬼さんである德永正博さんによる手品の披露がありました。

助手は、ちびっこ福鬼さん。

IMG_25221111 IMG_253711

手品も盛り上がってきたところで、まだ角の生えていないちびっこ福鬼さんたちも登場。

IMG_2534111

 

豆まき

福鬼さんたちが、おもいっきり豆をまいてくれました。
豆をまく福鬼さんたちも、豆をひろう皆様も、笑顔いっぱいでした。

IMG_255211 IMG_2543211 IMG_2541111

 

お楽しみジャンケンポン

ちびっこ福鬼さんに勝てた人には大入り福袋が配られました。

IMG_256221

楽しい笑いいっぱいの一日でした。
幸せがいっぱいやってきました。

ありがとうございました。


星祭り

2020年2月3日

新しい年を迎える節目である節分に、一年の幸福と厄除け、仏様の御加護を
いただく祈願が星祭りです。

禍を転じて福となすことができます。

星供曼荼羅の帰命金輪仏頂尊を飾って、人々に災難を加えようとする黒星を
避けるようにと、祈願しました。

 

 

IMG_24921

 

ご詠歌 星まつり供養和讃

照らす光は異なれど 當年星は廻りきて 必ず救うの御誓願

最終詞 「祈る声 み空の星に とどくまで おろがみまつれ み名を唱えて

除災招福』の祈りです。

災い少なく、幸せな一年でありますように、こころを込め、お唱えしました。

 

 


本年も宜しくお願い申し上げます

2020年1月10日

皆様のご健康とご健勝をお祈り申し上げます

IMG_241711

1月1日 午前0時 新年の祈り

IMG_243511

お天気にも恵まれ、穏やかなお正月を迎えました。

IMG_247841 IMG_24871

本年も宜しくお願い申し上げます。

IMG_24891


令和二年 初日の出 7時20分

2020年1月1日

本堂から初日の出を拝みました

力強いお姿でした

IMG_244411

IMG_245611 IMG_247211

「お日様の光たくさん受けると元気いっぱいになるよ」

「初日の出、見えてよかったね」

「わー、まぶしい」

「あけましておめでとうございます」

拍手で迎えた初日の出

健康で幸せな一年でありますようにと手を合わせました

合わせた手の中に、ちいさなちいさな仏様がおいででした

「今年も宜しくお願い申し上げます」

 


令和元年 大晦日

2019年12月31日

除夜の鐘

静かな里に 厳かな鐘の音が
ゴォーン(御恩) ゴォーン(御恩)」と響きました。

平成の時代の終わりを告げた鐘の音であり、新しく令和の時代を迎えた鐘の音でした。

IMG_24281

 

令和二年を迎えた午前0時、本堂では
皆様の安寧を願う祈願の読経があげられました。

IMG_24321

令和の時代の初めてのお正月を、

「子」の年で迎える不思議なめぐりあわせに思いを馳せながら、

日本という美しい国に暮らせる幸せに感謝しました。

令和の時代も平和な時代でありますよう心から願っております。

穏やかな令和の時代の幕開けでした。


御詠歌とともに  第44回 中国ブロック奉詠舞 山陽大会  令和元年11月6日・7日

2019年11月28日

倉敷市でおこなわれた中国ブロック奉詠舞山陽大会に参加しました。

 

奉詠 三宝和讃

IMG_227211
”篤く三宝を敬え、三宝とは仏・法・僧これなり”

推古三年(六〇四年)聖徳太子の定められた一七条憲法の第二条の条文です。

『仏』とは仏さまの命の尊さを、

『法』とは仏さまの説かれた教えの尊さを、

『僧』とは仏さまの説かれた教えを、社会の中で身を以て実践されている人々の尊さ

を意味しています。

この三宝和讃には、聖徳太子の定められて条文の言葉に重ねながら、
お大師様の、全てを包み込む優しさとおおらかさに満ちた教えが込められています。

仏さまの教えに出会い、御詠歌に出会い、そして大会に出られましたことを感謝し、心をひとつに、お唱えしました。

 

賞状授与 審査結果発表

DSC_00352

相互供養和讃 御詠歌教師団体の部 第一位

IMG_0001_BURST001201911071226431

遍照尊 御詠歌教導団体の部 第四位

1573103349574111

名前が読み上げられた時には、茫然としてしまいました。
思いもかけない大きなプレゼントでした。

原田淨覚先生のご指導の賜物でもあり、皆様一人一人の精進の賜物でした。

そして、大会には出られなかった、いつも一緒に研鑽を積んでいる皆様とともに
頂いた賞だと思っています。

ありがとうございました。

深いご縁によって結ばれた秋穂支部の皆様とともに、これからも御詠歌の道を歩んでまいります。


御詠歌とともに

2019年11月27日

御詠歌の起源は「巡礼歌」にあるといわれています。
仏教の教えを和歌や韻文に日本古来の音楽の節を付けてお唱えします。

金剛流御詠歌秋穂支部では、原田淨覚先生のご指導のもと、月2回精進を重ねています。

ふたじま祭り(10月27日)、あいお祭り(11月3日)で奉詠させていただきました。

IMG_227011

秋穂八十八ヶ所霊場のある秋穂。

どこのお宅にも 「おばあちゃんが使っていたのよ。」と鈴鉦(御詠歌をお唱えするときにつかう法具)がある土地柄です。

秋穂八十八ヶ所の御詠歌
有難たや 秋穂の里の 津々浦に 大師はいまだ おわしますなる

日々の暮らしの中に 御詠歌があることを幸せに感じています。
仏教の教えが、お大師様のお導きが、優しく心に沁みこんできます。

仏教に出会えてよかった、御詠歌に出会えてよかったとの思いが伝わる皆様のお唱えでした。