2018年4月9日

山内を入ってすぐ桜の花が目の前に広がります
桜の花を楽しみながら 山内をご散策ください

IMG_07031
IMG_07621
IMG_07301
IMG_07211

足元は 花びらのじゅうたんです

IMG_08012


春彼岸 土砂加持法要 霊明殿

2018年3月26日

春彼岸、土砂加持法要を迎え、
霊明殿には たくさんのお花やお野菜のお供えがされました

何より 皆様の亡くなられた方を思う気持ちが 溢れていた春彼岸 土砂加持法要でした

IMG_06081

IMG_05991

春彼岸入りである3月18日に 各位牌壇に牡丹餅、
土砂加持法要の23日には 霊供膳がお供えされました

IMG_05981

IMG_06011

ホールでは お斎を召し上がっていただきました
楽しく語らいながらの皆様の笑顔の中に 仏様もまぎれこんでいらっしゃるようでした

IMG_06051

IMG_06021

春彼岸、土砂加持法要と続くこの一週間
皆様の温かい心に支えられ お寺がいつも以上に輝いていました

あちらの世界とこちらの世界 自由に行き交うことはできませんが
お寺の中では どちらの世界に住まう人も 自由に行き来している気がしています

この不思議な世界を ご本尊様が 静かに見守ってくださっています

お寺という空間 有難く不思議な世界です


土砂加持法要

2018年3月23日

厳粛に土砂に加持する法要が執り行われました

houyou11

houyou21

御先祖様の供養である施餓鬼供養
本堂に供養の声が響きました

houyou41

ご詠歌の奉詠  真照院のご詠歌 遍照尊

goeika1

住職の法話の中に 弘法大師様のお名前 空海のお話もありました

『悟りを開かれた時 上を見上げれば 下を見れば そこから空海と名乗られるようになられました

今日 弘法大師様に思いを馳せ 空を見上げ 海を下にご覧になりながら お帰り下さい』と

sakura1

見上げれば 桜の花のむこうに青い空が広がっていました
眼下には 青い海も広がっていました

今日また一つ 仏様のお力いただいた思いがしました


雪景色

2018年2月11日

朝 目が覚めると 秋穂の里に雪が舞っていました

IMG_05812

山内は一面の雪化粧でした

IMG_05791
IMG_05831
IMG_05891
IMG_05871

雪が積もった木々には たくさんの蕾がふくらんでいます

この雪も 日が昇るとほとんど溶けてしまいました

春ももうすぐですね


節分 星祭

2018年2月3日

星祭り

新しい年を迎える節目である節分に、各人の生まれ星(本命星)やその年のあたり星(当年星)に合わせて 除災招福、無病息災をご祈願するのが星祭りです

皆様の今年一年の「除災招福」「無病息災」をご祈願いたしました

IMG_89481

星祭り供養和讃

  祈る声 み空の星にとどくまで おろがみまつれ み名を唱えて

豆まきevt009

さあ、豆まきです

mamemai1

節分に 福豆で邪気を払うのは、『魔滅(まめ)』の語呂合わせとも
太陽を思わせる丸い豆が有している霊力への崇拝があるとも言われています

昔の暦では、立春が一年の始まりでした
その前日である節分に、悪鬼を追い出す行事として室町時代以降定着していったとも伝えられています

真照院の豆まきsea101

子供達の力一杯の豆まきと皆様の笑い声に 鬼は退散していきました

祈願しましたお札と手作りの恵方巻き 幸福なお気持ちと一緒に
お持ち帰りいただきました

今年も笑い声があふれた楽しいひとときの節分豆まきでした

ありがとうございました


第147回 ちょっと歩こう八十八ヶ所

2018年1月21日

毎月21日におこなわれているちょっと歩こう八十八ヶ所
平成30年 初お参りは 真照院のお札所参りです

 

第54番札所 大師堂  ご本尊 不動明王
ご真言 のうまくさんまんだ ばざらだん せんだま
    かろしゃだ そわたや うんたらた かんまん

第64番札所 阿弥陀堂  ご本尊 阿弥陀如来
ご真言 おん あみりた ていせい からうん

IMG_88531

第58番札所 本堂  ご本尊 千手観音
ご真言 おん ばざら たらま きりく

IMG_88591

第69番札所 奥ノ院  ご本尊 観世音菩薩
ご真言 おん あろりきゃ そわか

IMG_89041

山内の西国三十三観音写し霊場もお参りしながらの八十八ヶ所参りです

IMG_88831

ご真言をお唱えし 般若心経をお唱えしながらのお参り
心も身体も軽くなっていく気がします

 

毎月 先達である岡田氏がブログ「ちょっと歩こう秋穂八十八ヶ所」を更新してくださっています

岡田様はじめ皆様のお力をいただきながらのお大師参り

お大師様がそこかしこにおいでです

ありがとうございました

 

秋穂八十八ヶ所 ご詠歌
 有り難や 秋穂の里や 津々浦に 大師はいまだ 在しますなる


平成30年 お正月 朝日山霊明殿(位牌納骨堂)

2018年1月7日

ご先祖様を思う皆様の気持ちがこもっている朝日山霊明殿です

IMG_05391

ご本尊様にお供えのお花もお野菜も皆様が持ち寄ってくださっています

IMG_05401

各家の位牌壇にお供えのお餅 お参りの後、お持ち帰りです

IMG_05431

新しくお一人様、お二人様用の納骨壇もととのえられました

IMG_05441

葬儀、法事がおこなわれるホールです

IMG_05411

今年も 皆様の温かいお心に支えられて、新年を迎えられました

ありがとうございました

 


平成30年 お正月

2018年1月7日

新しい年を迎えて、真照院もお正月の粧です

手作りの門松
お山の竹、松、南天、梅 そして毎年暮れに届けてくだっさ下さる村田家の葉牡丹
お寺が 山の実りである木々と皆様が届けてくださる正月花であふれます

IMG_05311

IMG_05561

IMG_05471

たくさんのご家族連れが年賀のお参りにみえました

おじいちゃんやおばあちゃん、お父さんやお母さんと一緒に手をあわせる
ちいさなお手手の中に仏様がおいでになるような気がしました

そして、年を重ねてこられた皆様の手の中にも仏様はおいでです

 

1月3日 日の出
本堂からの日の出です 右手にうっすら秋穂の里と山影がみえます
幻想的な日の出でした

IMG_05531

 


平成30年戊戌(つちのえいぬ) 初日の出

2018年1月7日

明けましておめでとうございます

新しい年が始まりました
皆様のご健康とお幸せをお祈り申し上げます

DSCN87301

修行大師様も何をお思いでしょうか

DSCN87321

eto1103 干支豆知識

 

干支(えと)というのは 本来、「十干十二支(じっかんじゅうにし)」といわれているものです

十二支 子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・

そして、この他に「十干」という数詞があります

十干  甲・乙・丙・丁・・己・庚・辛・壬・癸

 

平成30年(2018年)の戊戌(つちのえいぬ)というのは

十干の5番目のの年
十二干支の11番目のの年

これが合わさったものです

 

ちなみに還暦(60歳)というのは、この十二支十干がちょうど一回りして
暦が還る年にあたるのでお祝いするようになりました

60年前の昭和33年(1958年)が戊戌(つちのえいぬでした
昭和33年生まれの皆様、還暦おめでとうございます

 

今年生まれの赤ちゃんが、還暦をむかえるのは、2078年

平和で幸せな世界でありますように sea424


平成29年 大晦日

2018年1月4日

除夜の鐘を撞きに皆様お集まりです

IMG_05121

除夜の鐘が「ゴオーン(御恩)」「ゴオーン(御恩)」と響くなか、本堂にもお参りです

IMG_051911

幸せな心穏やかな時が流れます

真照院にとりまして大きな慶事のありました平成29年も暮れていき、新年を迎えようとしています