秋彼岸 9月19日~25日

2020年9月25日

今日は、彼岸の明けです。
暑さ、寒さも彼岸までといいますが、この一週間で随分と
秋らしくなりました。

CENTER_0002_BURST2020092209423923111

位牌堂である霊明殿には、いつものように、皆様の手作りのおはぎが
お供えされました。

DSC_06811 DSC_06821 DSC_06831

この一週間、青空の下で、お彼岸を過ごしました。
本堂にも、お墓にも、霊明殿にも、たくさんのご家族がお参りくださいました。

HORIZON_0001_BURST20200920144348223_COVER1

本堂からの眺めも素晴らしく綺麗でした。

HORIZON_0001_BURST20200925090944962_COVER1

先日の台風の塩害で葉が散ってしまった桜の木、冬が過ぎ、春が来たのかと勘違いし、
花を咲かせました。薄さくら色の桜の花と青空の取り合わせ、素敵でした。

IMG_20200921_190224_6901

いつものように、お彼岸が迎えられましたことを、
感謝の気持ちですごした一週間でした。

青い空に青い海。空海様、お大師様に非常に縁の深い秋穂の里のお彼岸でした。
秋穂八十八ヶ所霊場も、その御心に包まれて、彼岸を終え、秋を迎えています。

皆様、ありがとうございました。


秋彼岸 ~曼珠沙華、彼岸花~

2020年9月25日

秋のお彼岸になると、必ず咲く曼珠沙華、彼岸花。今年も忘れずに、咲きました。
お彼岸に遅れてはならぬと思うのか、まず花が咲き、その後に葉がつく、
不思議な曼珠沙華、彼岸花です。


赤い曼珠沙華、赤い彼岸花

花言葉の一つに、「想うは、あなた一人」とあります。

天高く遠くに逝ってしまった人に想いを寄せ、、その想いが届くように
天に向かってまっすぐ茎は伸び、天に向かって大きく花開きます。

IMG_20200916_180401_2723

IMG_20200916_180401_26011
白色曼珠沙華、白い彼岸花

花言葉の一つに、「また会う日を楽しみに」とあります。

遠くに逝ってしまった 『あなた』 ですが、必ず会いにいきますよ。
また会う日を楽しみにしていますよ。想いを託して、花咲きます。

IMG_20200923_200840_8641

これから花開く白色曼珠沙華です。

IMG_20200923_200840_8661
秋のお彼岸は、ご先祖様に感謝し、自分自身を振り返り、
反省する期間であるとされています。

でも、とってもロマンチックな一週間でもあるのですね。
私の想いも、皆様の想いもきっと届いたと思います。


秋彼岸法要

2020年9月22日

秋彼岸の中日である9月22日に、秋彼岸の法要が、霊明殿で執り行われました。

 

IMG_20200922_200350_63821

ご先祖様の供養とともに、私たちも、健康で幸せに暮らせますようにとの祈りの
読経が響きました。


お盆法要

2020年8月13日

8月13日午後7時から、本堂においてお盆の法要が執り行われました。
厳かな読経の声が、灯された燈明と共に、ご先祖様をお迎えしました。

各檀家のお名前を一家、一家読み上げ、追善供養もいたしました。

IMG_29091

STORYPIC_00019428_BURST2008131911091

STORYPIC_00041746_BURST2008131923251

本堂のまわりに 燈明が灯されていました。

IMG_29071

秋穂の里の灯も、あたたかくご先祖さまをお迎えしていました。

IMG_29041

次の世代を担う若い人達に、禍が起こりませんように、健康で幸せな日々が過ごせますように、手を合わせ、祈りました。。

きっと、このお盆を一緒に過ごされたご先祖様も、残念にも早くにお亡くなりになられた方も、同じことを願ってあちらにお帰りになったと思います。

一日も早い 新型コロナウィルスの収束を願います。


開山忌 施餓鬼法要

2020年7月18日

5時15分、秋穂の里に、朝の光がさしこみました。

STORYPIC_00051840_BURST2007180537251

その朝の光を受けながら、摘み取られた蓮が届けられました。
吉松様が、丹精込められて育てられた蓮です。毎年、有難くお供えさせていただいております。

DSC_03111 DSC_03071

今年は、蓮の葉と盆花、そして消毒液が皆様をお迎えしました。

DSC_03031

役員の皆様も、コロナウィルス拡散防止に気を使われていました。

DSC_03201

 

開山忌、施餓鬼法要

STORYPIC_00019450_BURST2007181404431 HORIZON_0002_BURST2020071815234088511

新型コロナウィルス拡散を受け、お寺も、模索しながら日々を過ごしております。

いつもとは違う形での、開山忌 施餓鬼法要でしたが、無事に終えられましたこと、
たくさんの皆様にお参りいただきましたこと、
本当に有難く、嬉しく、そして安堵いたしました。

 

位牌堂

DSC_03161 DIAGONAL_0001_BURST20200718104539566_COVER1

夏空でした。

「上を見上げれば、青い、下を見れば、青い
空海様の名の由来となったお言葉ですが、そのお言葉がふと浮かんでくるようなお天気でした。

一日も早いコロナウィルス拡散の収束を祈っております。

お参りくださいました皆様、ご尽力くださいました皆様、本当にありがとうございました。


土砂加持法要

2020年3月23日

粛々と土砂加持法要が執り行われました。

一日も早く、いつもの日常が戻りますように、
子供達も大人も、行きたいところに、いつでも行けるようになりますように、

願いをこめた土砂加持法要となりました。

IMG_262011 DSC_00891 IMG_263511
学校に行けますように、お寺に集えますように、
真照院檀信徒代表2名も祈りをこめ、手を合わせました。

外には、青空が広がり、つくしも春の訪れを告げておりました。

IMG_26021 IMG_26141

山内には、桜も咲いており、遠く国東半島由布岳が見える日もあります。

IMG_257311

お参りをお待ち申し上げております。


節分・豆まき

2020年2月3日

星祭りの御祈願がすみましたら、お楽しみの節分・豆まき。

福鬼さんである德永正博さんによる手品の披露がありました。

助手は、ちびっこ福鬼さん。

IMG_25221111 IMG_253711

手品も盛り上がってきたところで、まだ角の生えていないちびっこ福鬼さんたちも登場。

IMG_2534111

 

豆まき

福鬼さんたちが、おもいっきり豆をまいてくれました。
豆をまく福鬼さんたちも、豆をひろう皆様も、笑顔いっぱいでした。

IMG_255211 IMG_2543211 IMG_2541111

 

お楽しみジャンケンポン

ちびっこ福鬼さんに勝てた人には大入り福袋が配られました。

IMG_256221

楽しい笑いいっぱいの一日でした。
幸せがいっぱいやってきました。

ありがとうございました。


星祭り

2020年2月3日

新しい年を迎える節目である節分に、一年の幸福と厄除け、仏様の御加護を
いただく祈願が星祭りです。

禍を転じて福となすことができます。

星供曼荼羅の帰命金輪仏頂尊を飾って、人々に災難を加えようとする黒星を
避けるようにと、祈願しました。

 

 

IMG_24921

 

ご詠歌 星まつり供養和讃

照らす光は異なれど 當年星は廻りきて 必ず救うの御誓願

最終詞 「祈る声 み空の星に とどくまで おろがみまつれ み名を唱えて

除災招福』の祈りです。

災い少なく、幸せな一年でありますように、こころを込め、お唱えしました。

 

 


秋彼岸  9月20日~26日

2019年10月2日

お彼岸がくると必ず花咲く彼岸花。

仏教の経典に「天上の花」「赤い花」として記されています。
めでたいこととして付けられた呼び名が曼殊沙華

人々の悲しみを受け止め、その悲しみを乗り越える力を与える彼岸花です。

HORIZON_0001_BURST20190926165619973_COVER1

位牌・納骨堂である霊明殿に、皆様の手作りのおはぎをお供えしました。
DSC_0014211

お彼岸の期間、たくさんの方がお参りになられ、おはぎをお持ち帰りになられました。
ご先祖様を敬うお気持ちに満ちていました。

HORIZON_0001_BURST20190921081555258_COVER1 DSC_001511 HORIZON_0001_BURST20190920152103562_COVER1

彼岸花に魅せられながらも、秋のお彼岸は、何かもの悲しい、寂しい気持ちもします。

花が咲いているときに葉はなく、葉は、花が咲き終わったあと地面から直接生えてくる、なんとも不思議な彼岸花。

来年のお彼岸には、必ず約束を果たすかのように、花咲かせてくれます。

DSC_0020 HORIZON_0001_BURST20190930144030017_COVER

10月は、ドングリの季節。
ドングリでいっぱいのお山に、近くの幼稚園、小学校、中学校の生徒たちが来てくれます。
子供達の声が響くお山、賑やかですよ。


お盆 8月13日~16日

2019年8月19日

本堂

ほおずきと施餓鬼幡でお盆を祀りました。

DSC_00171

本堂からの眺め
静かにご先祖様をお迎えしている秋穂の景色が広がっていました。

DSC_00181

 

霊明殿

各家の位牌壇に盆菓子がお供えされました。

DSC_00131 HORIZON_0001_BURST20190813074015794_COVER1 HORIZON_0002_BURST201908130742325681 DSC_001611 HORIZON_0001_BURST20190813074127354_COVER1 DSC_00141

たくさんのお供え物を頂戴いたしました。。
ご本尊様の御前にお供えさせていただきました。

13日早朝には 蓮の花も届けてくださいました。

たくさんの方にお参りいただきました。

 

惣在所地区のお墓は 真照院の山内にあります。
写真ですが お参りください。

IMG_0003_BURST00120190817102212
「今年のお盆も無事すごすことができまして ありがとうございました。」
と、お寺に皆様がお礼にお参りくださいます。

「今年のお盆も無事すごすことができまして ありがとうございました。」
と、皆様にお寺からも感謝お礼申し上げます。