紫陽花

2019年6月23日

紫陽花の季節になりました。

山内のあちこちに咲いている紫陽花  みんな違って みんな素敵です。

 

190624-01

190624_02 190624_03 190624_04 190624_05 190624_06 190624_07 190624_08 190624_09 190624_10

 

今年は たくさんの源氏ホタルが 目を楽しませてくれました。
漆黒の闇の中で光るホタルは、とても幻想的でした。

お山も 同じ季節でありながら 毎年違う姿を見せます。
自然の力は 素晴らしいです。

 


水無月 ~法境の里~

2019年6月23日

弘法大師様(空海)がお生まれになった水無月、
6月15日、現在の香川県善通寺でお生まれになりました。

修行中の青年時代、高知県室戸岬でのお言葉
「上を見れば青い、下を見れば青い

 
空海という名は、そのお言葉からだと伝えられています。

法境の里 秋穂の水無月の景色

上を見れば、青い空 お月様も姿をお残しです。

190624_12

下を見れば、田植えも終わった田園風景の向こうに、穏やかな青い海が広がっています。

190624_11

南無大師遍照金剛

 

暑くなります。

お身体を大切に お過ごしくださいますよう お祈り申し上げています。

 


桜・桜・桜

2018年4月9日

春には 新たな出会いが たくさんあります

それを祝って
桜の花は 優しく 優しく いっぱい いっぱい 咲いてくれています

IMG_07531

清楚な山桜です そのそばには 華やかな八重の桜も咲いています

IMG_07881
IMG_07451
IMG_08391
IMG_07361

本堂から眺める秋穂の海も 春を心待ちにしていたようでした
春は来ましたよ


桜・桜

2018年4月9日

桜の花に誘われるまま 本堂へと参道を上ります

IMG_06781

観音様もお花見です

IMG_06791
IMG_06721
IMG_07131
IMG_07481

ほっと一息
目を下に向ければ 桜の花の向こうに 秋穂の里が見えます


2018年4月9日

山内を入ってすぐ桜の花が目の前に広がります
桜の花を楽しみながら 山内をご散策ください

IMG_07031
IMG_07621
IMG_07301
IMG_07211

足元は 花びらのじゅうたんです

IMG_08012


雪景色

2018年2月11日

朝 目が覚めると 秋穂の里に雪が舞っていました

IMG_05812

山内は一面の雪化粧でした

IMG_05791
IMG_05831
IMG_05891
IMG_05871

雪が積もった木々には たくさんの蕾がふくらんでいます

この雪も 日が昇るとほとんど溶けてしまいました

春ももうすぐですね


平成30年 お正月 朝日山霊明殿(位牌納骨堂)

2018年1月7日

ご先祖様を思う皆様の気持ちがこもっている朝日山霊明殿です

IMG_05391

ご本尊様にお供えのお花もお野菜も皆様が持ち寄ってくださっています

IMG_05401

各家の位牌壇にお供えのお餅 お参りの後、お持ち帰りです

IMG_05431

新しくお一人様、お二人様用の納骨壇もととのえられました

IMG_05441

葬儀、法事がおこなわれるホールです

IMG_05411

今年も 皆様の温かいお心に支えられて、新年を迎えられました

ありがとうございました

 


平成30年 お正月

2018年1月7日

新しい年を迎えて、真照院もお正月の粧です

手作りの門松
お山の竹、松、南天、梅 そして毎年暮れに届けてくだっさ下さる村田家の葉牡丹
お寺が 山の実りである木々と皆様が届けてくださる正月花であふれます

IMG_05311

IMG_05561

IMG_05471

たくさんのご家族連れが年賀のお参りにみえました

おじいちゃんやおばあちゃん、お父さんやお母さんと一緒に手をあわせる
ちいさなお手手の中に仏様がおいでになるような気がしました

そして、年を重ねてこられた皆様の手の中にも仏様はおいでです

 

1月3日 日の出
本堂からの日の出です 右手にうっすら秋穂の里と山影がみえます
幻想的な日の出でした

IMG_05531

 


平成30年戊戌(つちのえいぬ) 初日の出

2018年1月7日

明けましておめでとうございます

新しい年が始まりました
皆様のご健康とお幸せをお祈り申し上げます

DSCN87301

修行大師様も何をお思いでしょうか

DSCN87321

eto1103 干支豆知識

 

干支(えと)というのは 本来、「十干十二支(じっかんじゅうにし)」といわれているものです

十二支 子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・

そして、この他に「十干」という数詞があります

十干  甲・乙・丙・丁・・己・庚・辛・壬・癸

 

平成30年(2018年)の戊戌(つちのえいぬ)というのは

十干の5番目のの年
十二干支の11番目のの年

これが合わさったものです

 

ちなみに還暦(60歳)というのは、この十二支十干がちょうど一回りして
暦が還る年にあたるのでお祝いするようになりました

60年前の昭和33年(1958年)が戊戌(つちのえいぬでした
昭和33年生まれの皆様、還暦おめでとうございます

 

今年生まれの赤ちゃんが、還暦をむかえるのは、2078年

平和で幸せな世界でありますように sea424


平成29年 大晦日

2018年1月4日

除夜の鐘を撞きに皆様お集まりです

IMG_05121

除夜の鐘が「ゴオーン(御恩)」「ゴオーン(御恩)」と響くなか、本堂にもお参りです

IMG_051911

幸せな心穏やかな時が流れます

真照院にとりまして大きな慶事のありました平成29年も暮れていき、新年を迎えようとしています