御詠歌とともに  第44回 中国ブロック奉詠舞 山陽大会  令和元年11月6日・7日

2019年11月28日

倉敷市でおこなわれた中国ブロック奉詠舞山陽大会に参加しました。

 

奉詠 三宝和讃

IMG_227211
”篤く三宝を敬え、三宝とは仏・法・僧これなり”

推古三年(六〇四年)聖徳太子の定められた一七条憲法の第二条の条文です。

『仏』とは仏さまの命の尊さを、

『法』とは仏さまの説かれた教えの尊さを、

『僧』とは仏さまの説かれた教えを、社会の中で身を以て実践されている人々の尊さ

を意味しています。

この三宝和讃には、聖徳太子の定められて条文の言葉に重ねながら、
お大師様の、全てを包み込む優しさとおおらかさに満ちた教えが込められています。

仏さまの教えに出会い、御詠歌に出会い、そして大会に出られましたことを感謝し、心をひとつに、お唱えしました。

 

賞状授与 審査結果発表

DSC_00352

相互供養和讃 御詠歌教師団体の部 第一位

IMG_0001_BURST001201911071226431

遍照尊 御詠歌教導団体の部 第四位

1573103349574111

名前が読み上げられた時には、茫然としてしまいました。
思いもかけない大きなプレゼントでした。

原田淨覚先生のご指導の賜物でもあり、皆様一人一人の精進の賜物でした。

そして、大会には出られなかった、いつも一緒に研鑽を積んでいる皆様とともに
頂いた賞だと思っています。

ありがとうございました。

深いご縁によって結ばれた秋穂支部の皆様とともに、これからも御詠歌の道を歩んでまいります。


御詠歌とともに

2019年11月27日

御詠歌の起源は「巡礼歌」にあるといわれています。
仏教の教えを和歌や韻文に日本古来の音楽の節を付けてお唱えします。

金剛流御詠歌秋穂支部では、原田淨覚先生のご指導のもと、月2回精進を重ねています。

ふたじま祭り(10月27日)、あいお祭り(11月3日)で奉詠させていただきました。

IMG_227011

秋穂八十八ヶ所霊場のある秋穂。

どこのお宅にも 「おばあちゃんが使っていたのよ。」と鈴鉦(御詠歌をお唱えするときにつかう法具)がある土地柄です。

秋穂八十八ヶ所の御詠歌
有難たや 秋穂の里の 津々浦に 大師はいまだ おわしますなる

日々の暮らしの中に 御詠歌があることを幸せに感じています。
仏教の教えが、お大師様のお導きが、優しく心に沁みこんできます。

仏教に出会えてよかった、御詠歌に出会えてよかったとの思いが伝わる皆様のお唱えでした。


紫陽花

2019年6月23日

紫陽花の季節になりました。

山内のあちこちに咲いている紫陽花  みんな違って みんな素敵です。

 

190624-01

190624_02 190624_03 190624_04 190624_05 190624_06 190624_07 190624_08 190624_09 190624_10

 

今年は たくさんの源氏ホタルが 目を楽しませてくれました。
漆黒の闇の中で光るホタルは、とても幻想的でした。

お山も 同じ季節でありながら 毎年違う姿を見せます。
自然の力は 素晴らしいです。

 


水無月 ~法境の里~

2019年6月23日

弘法大師様(空海)がお生まれになった水無月、
6月15日、現在の香川県善通寺でお生まれになりました。

修行中の青年時代、高知県室戸岬でのお言葉
「上を見れば青い、下を見れば青い

 
空海という名は、そのお言葉からだと伝えられています。

法境の里 秋穂の水無月の景色

上を見れば、青い空 お月様も姿をお残しです。

190624_12

下を見れば、田植えも終わった田園風景の向こうに、穏やかな青い海が広がっています。

190624_11

南無大師遍照金剛

 

暑くなります。

お身体を大切に お過ごしくださいますよう お祈り申し上げています。

 


桜・桜・桜

2018年4月9日

春には 新たな出会いが たくさんあります

それを祝って
桜の花は 優しく 優しく いっぱい いっぱい 咲いてくれています

IMG_07531

清楚な山桜です そのそばには 華やかな八重の桜も咲いています

IMG_07881
IMG_07451
IMG_08391
IMG_07361

本堂から眺める秋穂の海も 春を心待ちにしていたようでした
春は来ましたよ


桜・桜

2018年4月9日

桜の花に誘われるまま 本堂へと参道を上ります

IMG_06781

観音様もお花見です

IMG_06791
IMG_06721
IMG_07131
IMG_07481

ほっと一息
目を下に向ければ 桜の花の向こうに 秋穂の里が見えます


2018年4月9日

山内を入ってすぐ桜の花が目の前に広がります
桜の花を楽しみながら 山内をご散策ください

IMG_07031
IMG_07621
IMG_07301
IMG_07211

足元は 花びらのじゅうたんです

IMG_08012


雪景色

2018年2月11日

朝 目が覚めると 秋穂の里に雪が舞っていました

IMG_05812

山内は一面の雪化粧でした

IMG_05791
IMG_05831
IMG_05891
IMG_05871

雪が積もった木々には たくさんの蕾がふくらんでいます

この雪も 日が昇るとほとんど溶けてしまいました

春ももうすぐですね


平成30年 お正月 朝日山霊明殿(位牌納骨堂)

2018年1月7日

ご先祖様を思う皆様の気持ちがこもっている朝日山霊明殿です

IMG_05391

ご本尊様にお供えのお花もお野菜も皆様が持ち寄ってくださっています

IMG_05401

各家の位牌壇にお供えのお餅 お参りの後、お持ち帰りです

IMG_05431

新しくお一人様、お二人様用の納骨壇もととのえられました

IMG_05441

葬儀、法事がおこなわれるホールです

IMG_05411

今年も 皆様の温かいお心に支えられて、新年を迎えられました

ありがとうございました

 


平成30年 お正月

2018年1月7日

新しい年を迎えて、真照院もお正月の粧です

手作りの門松
お山の竹、松、南天、梅 そして毎年暮れに届けてくだっさ下さる村田家の葉牡丹
お寺が 山の実りである木々と皆様が届けてくださる正月花であふれます

IMG_05311

IMG_05561

IMG_05471

たくさんのご家族連れが年賀のお参りにみえました

おじいちゃんやおばあちゃん、お父さんやお母さんと一緒に手をあわせる
ちいさなお手手の中に仏様がおいでになるような気がしました

そして、年を重ねてこられた皆様の手の中にも仏様はおいでです

 

1月3日 日の出
本堂からの日の出です 右手にうっすら秋穂の里と山影がみえます
幻想的な日の出でした

IMG_05531